肩こり 枕

肩から首にかけて堅い

 

就寝時の枕があっていないのか、枕を変えてから肩が凝るようになりました。

 

肩から首にかけて筋肉が固く、また首を回すとゴキゴキという音がします。

 

首の体操は気をつけてやっているのですが、毎回怖い音がなります。

 

寝るときは枕をちゃんと頭の下に敷いているのですが、朝起きたら枕は頭の横にあることが多いです。

 

おそらく頭が下がりすぎて、首に負担がかかってしまっているのだと思っています。

 

仕事でもパソコンを使うことが多くあり、肘を机の上において入力しているので、自然に肩に力が入ってしまいます。

 

なるべく休憩をとり、パソコンから目を離すようには心がけてますが、なかなか治ることはありません。

 

家でもスマートフォンを見ることが多く、寝ながら見ているときは腕がだるくなって肩もこってしまいます。

 

肩が凝ってしまうと、朝起きた時やしゃがんだ時にフラッとめまいがし、少し気分が悪くなります。

 

あまりにもひどくなった時は、頭まで痛くなり吐き気をもよおすことがあるので、気を付けています。

 

 

 

肩こりの原因には様々なものがあるとされていますが、中には肥満が原因となることもあります。
ダイエットをしようとしても、なかなかうまくいかない・・・
そんな間違いだらけのダイエット方法はもうやめにしませんか?

 

妊娠中の方や妊活中の方の中にも肩凝りなどに悩む方はおられると思います。
妊娠・妊活といえば葉酸サプリですが、様々な商品が販売されていることから、どれを選べば良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。
安さなどから人気がある、ネイチャーメイド 葉酸サプリについての詳細も知っておくことをおすすめします。

湿布を貼る

 

肩こりは肩の血流が悪く、血が滞っているので起こるとインターネットでよんだことがあります。

 

ですので、夜はゆっくりとお風呂に入って肩のマッサージをするように習慣づけています。

 

夏の暑いときもシャワーだけにせずなるべく湯舟に入るようにしています。

 

お風呂には入浴剤を入れ、体全体が温まるようにし、なるべく心臓に遠い方からマッサージをしていきます。

 

肩だけではなく、首にも暖かくしたタオルを乗せ少しずつほぐしていくようにしています。

 

入浴後はなるべく早く湿布を貼るようにしています。暖かくなった体に冷たい湿布を貼るとすごく気持ちよく血流が良くなっていくのがわかります。

 

日中目を使っているので、電子レンジでハンドタオルをラップにくるんで30秒ほどチンし、それを目に当てています。

 

それをすると目がシャキッとするのでお勧めです。

 

パソコンを使用するときは、普段から少しの体操を取り入れていて、肩を回したり遠くの方の景色を見るなどするようにしています。

こんな記事も読まれています